フィラリアは危険|イヌにもネコにも投与可能/レボリューションでフィラリア退治

イヌにもネコにも投与可能/レボリューションでフィラリア退治

フィラリアは危険

瓶から出ている薬

フィラリア症はイヌにもネコにも起こりうる病気です。
フィラリアという寄生虫によって起こる病気で、場合によってはペットたちの命をも奪いかねないため、飼い主のみなさんは細心の注意をはらっておきましょう。

フィラリアは蚊を媒介としてイヌ・ネコに寄生します。
フィラリアの幼虫が蚊の体内に寄生し、その蚊がイヌ・ネコの血を吸おうと接触した際に寄生先を移すのです。
フィラリアの寄生場所は基本的に肺動脈などの重要な血管内で、ここで成虫に成長してしまうことでさまざまな症状が出てしまう危険があるのです。
フィラリアの成虫は犬糸状虫とも呼ばれており、その名前からもわかるように糸状の体をしています。
成虫時の体長は約30cmほどにもなり、人間が肉眼で確認できるほどの大きさです。
これほどの寄生虫がイヌ・ネコの血管内で成長してしまうと。当然血管は詰まり、血流が悪化してしまいます。
これによって呼吸困難や血尿など、重い書状を引き起こしてしまう危険があるのです。
最悪の場合は突然死につながってしまうこともあり、飼い主にとっては大きな問題です。

そんな飼い主の心配を解消してくれるのがレボリューションという医薬品です。
レボリューションはフィラリア駆除に用いられる医薬品となっており、現在は通販サイトを使って購入することもできます。
動物病院に通ってレボリューションを処方してもらう場合と違い、いつでもすぐに注文することができますので、早い段階から準備しておくことをオススメします。